知多半島 海のしょうげつ

土、石、紙、木、ガラス、コンクリートなど素材を活かしたシンプルなつくりの建物です。
「素」の「材」は、その肌触りや温度、匂い、そして時間が経つことで増してくるしっとりとした重みを生み出します。このことは、「自然に溶け合う瞬間の喜びを感じ、明日からを健やかに生きるエネルギーを満たして頂きたい」という宿の想いを実感していただく大切な要素になっています。


この宿のホームページを見る

↑