熱海大観荘

高低差の大きい敷地に立地し、客室が広く点在していた為に、食事の提供については困難を極めておりました。
これを解消すべくサービスELV2台を有し、主厨房・小間客用ダイニング・大小宴会場を一棟にまとめた4層の宴会棟を建築しました。
このことにより、主に食事提供を部屋出しで賄っていた従前から、その大半がこの建物で食事を採ることができるようになり、サービスの省力化と質の向上につながりました。


この宿のホームページを見る

↑