箱根 オーベルジュ漣

「森の中に佇む、優雅なオーベルジュ」
30年前に企業の保養所として建てられた既存建物は、国立公園法による建築規制により、敷地に対してゆとりある建物配置であり、かつ低層建築である。仙石原特有の静けさあるヒメシャラの森の中にある佇まいは、既に優雅である。
去年の客室リニューアルに引き続き行われた、今リニューアル(離れ客室・客室露天風呂・外構・大浴場改装)のコンセプトを、「森の中に佇む、優雅なオーベルジュ」とし、原点回帰的なイメージを大切にしつつ、豊かな自然との結びつきを更に深め、小さなオーベルジュが放つ「優雅さ」を際立たせる空間づくりを目指した。


この宿のホームページを見る

↑