茶寮宗園 ダイニング改装

数奇屋風高級旅館の大広間をダイニングに改修しました。
既存の大空間を残しながら組子障子と和紙で構成した間仕切りを設置し、優雅で風格を感じるゆったりとした贅沢な個室としました。
白木、和紙、障子等の組み合わせにより、優雅で風格を感じるインテリアとしています。
また、個室はそれぞれの場所性を生かし、日本庭園を眺めることのできる庭見席、既存の舞台を生かした舞台席、床の間を風景とした床の間席、そして、このダイニングの目玉となる空間の中心に浮き建つ浮島席、それぞれが特徴的で特別な空間としました。


この宿のホームページを見る

↑