石井建築事務所は、旅館における建築環境デザインの専門家として、設計・監理を中心に、調査・企画・コンサルティングを行う建築設計事務所です。
1957年の創業以来、静岡県熱海市を拠点としながら、日本全国に旅館、温浴施設のオーナー様のパートナーとして建築設計分野において総合的で質の高い施設づくりに努めて参りました。
今までの設計活動を通して得た、貴重な体験と技術力を生かして設計に取り組み、また、単に過去の事例や経験にとらわれることなく、発展させるべきものを見極め、地域の魅力を活かした、さらに新しい価値を提示していくことこそが重要と考えております。

「旅館」:その土地にふさわしくあり、時とともに風格漂う本物の空間
「温泉」:自然の恵みである、温泉
「環境」:環境と調和し、美しい景観形成に貢献していく

上記3つのキーワードを私たちの普遍的なテーマと掲げ、国内外に向けて、クライアントの皆様との十分なコミュニケーションを通じ、豊富な経験にもとづいた信頼できる技術によって、新しい価値創造の基盤となる空間、場をつくりあげていくこと、またその先に観光と建築のより深い関係性を築きあげていきたいと存じます。

「光」「風」「緑」
住みやすさ。くつろぎのある生活。光の表情。外部との関わりあいをいかに大切にするか。
「house(家)」ではなく「HOME(暮らし)」を。
自分に出会える家=自分らしい家実現のためにソフト・ハードの両面から設計に携わります。
われわれが思う住まいとは、<楽しんで住まう><自分らしく住まう><安全に住まう>
一緒に考え、創り上げることが大切です。

「にぎわい」「憩い」「集客」
心に残る施設づくりをテーマとし、訪れるお客様の心が豊かになるような空間創造を目指します。
最大限の集客を実現するハードづくり、同時にソフトの永続性を重要視した設計とします。

「地域性」「環境」「共感」
用途・規模にあわせ、
上記テーマに配慮した建築をご提案します。

「旅館」という建築は、お客様をもてなす従事者の礼儀作法から、庭園や坪庭と一体化された空間構成、くつろぎの佇まい、提供されるお料理まで含めて凝縮された日本の美により成立しており、日本の美意識がトータルデザインされた商業施設であると考えております。石井建築事務所は上質なホスピタリティ空間である旅館・ホテルの空間設計にあたり、建築を「トータルデザイン」として捉える視点、「普遍的な価値を今に息づかせる」思想を大切にし、建築設計の企画段階から内装設計・家具・照明・サイン・ファブリック・アートワーク・造園計画に至るまでトータルにご提案します。

  • インテリアに関する企画、プランニング及びデザインなどの設計監理業務
  • FFE(Furniture,Fixture&Equipment / 家具・備品・アートワーク)の設計監理
  • PA業務(調達代行)
  • グラフィックデザイン及びサインデザイン関連業務
  • 環境・造園デザイン
ご要望されるッ切について、商品価値、市場性、投資効果も含めて調査、検討を行い長期的な運営、機能の上に成り立つホスピてリティデザインの現実に向けてご提案いたします。(プロジェクトの調査、検討、商品コンセプトの提示)
施設のオぺレーションを理解した、ホスピtリティ空間をトータルでご提案致します。企画段階から建築的アプローチとの関係を強化し、バランスをとりながらコンセプトコントロールをしていきます。(コンセプトの提示、インテリアデザインのイメージの提示、概算予算作成)
洗練された快適な空間を創造するためには、内装仕上げ材・家具・調度品・照明器具などを総合的にコーディネートする必要があります。ここでは、企画デザインの具現化として、常に新しいデザインコーディネートを提供致します。(インテリア・FFE・造園基本設計仕様書の作成)
「コスト」「施工方法」「工程」を考慮し、「機能性」「安全性」「品質」を追求し、蓄積されたコストデータ、技術データを活かしながら、技術者とともに設計を進めます。(詳細図の作成)
建設業者、内装業者、購買会社、メーカー等の見積書を確認し、価格交渉または代案提示します。(現場説明会の開催補助、立会、見積もり査定、VE調整)
設計図を基に現場の施工監理、製作品の監理を行います。(施工図・製作図の確認、発注書類の確認、FFE総合調整、他業種(建築、設備等)との調整、試作品、見本の確認、工場検査等、納入検査)
御引渡し後に発生する様々なご要望に、迅速に対応致します。(竣工1年後検査)