re design

自然と共存する客室

After
Before
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
Before
After
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室
自然と共存する客室/ 客室 /
before
「和の山岳ホテル」をコンセプトとした全館リニューアルの第一弾として、 敷布団対応をしていた 10畳単部屋の既存数寄屋風和室(全28室)のすべてを、ベットルーム化し、目の前の素晴らしい環境を生かすような計画をしました。
after
1 階の穂高側客室では、新たにテラスを設け、ハンモックに揺られながら穂高を望む贅を味わえます。また、上部ルーバーには角度をつけ、2階からの視線を遮りつつ、空と繋がる開放的なテラスとなっています。29㎡の室内に対しては、天井高を確保し、水屋・TV台・文机等の機能を1列にコンパクトにまとめ、広く見えるよう配慮しました。
夏の繁忙期は3人対応となることも多く、リビングにソファベッドを採用しています。リピーターのお客様にも楽しんで貰えるよう、内装は9種類のバリエーション豊かな客室としています。山小屋をモダンにアレンジしたインテリアとし、施設周辺に見られる植物をアートに取り入れることで、自然を身近に感じられる空間としました。